ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「胸襟を開く」「正鵠を得る」
 かつて私の生徒だった30代後半の男性から、私に対する意見をいただき、その返信に「正鵠を得ています」という言葉を用いました。

 そうすると、今度は、私は「気張り過ぎる、堅苦しく考える傾向にある、もっと柔軟な思考を身につけなくてはならない。(正鵠を得ている)…も…(的を得てますね)…とか…もっと簡単に、(その通りですね!)…で十分だ。日本語としては間違っていないが…正鵠セイコクと言う言葉を知らない人(多分生徒も、恐らく奥様も知らない)には理解が出来ない。試験官と話してる訳では無い。誰にでも理解出来る言葉で教えた方が、余計な時間がかからない」というメールが来ました。

 以下は、それに対する私の答えです。

~~~~~~~~~~~~
 正鵠を得るという言葉を使ったのは、○○○さんなら問題なく分かるだろうと思ったからですよ(ただ、的は「射る」で、当が「得る」です)。

 たぶん、「胸襟を開く」という言葉を授業中に使ったこと(生徒の誰もが知らない言葉でした)を指しておっしゃっているのかもしれませんが、その程度の言葉は知っていなくちゃいけないというのが私の考えです。知らないのは勉強をしてこなかったせい。だとすれば、これから勉強すればいい。誰にだって知らないことはある。知らなければ、知る努力をする。そのことを伝えたかっただけです。

 常に向上を求めて生きるというのが、生きている者の務めだと考えています。それは、稲盛和夫さんの「生き方」でも説かれています。私が「正鵠を得る(あるいは射る)」という言葉を知ったのは、20歳の頃に読んだある本からですが、確か稲盛さんの本でも使っており、それは、妻にも読ませ、読み方と意味を教えているので、生徒達は知らないでしょうが、妻は知っています。

 今まで、学ぶ努力を真剣にしてこなかった人たちは、ただの怠け者だと思います。やればできるのしてこなかっただけです。私が言っているのは、言葉だけの問題ではない。およそ学ぶ姿勢について言っているのです。

 よっぽどの努力をしなければ、整体院を開いたところですぐにつぶれます。その努力の大切さを、あらゆる局面を捉えて教えていきたい。それが私の価値観です。

 どのような価値観を持つのも自由で、当然、価値観というのは相対的なものですが、努力の大切さというのは普遍的なものだと考えています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://abytako2008.blog28.fc2.com/tb.php/777-38160532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)