ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『起業バカ』(渡辺 仁)を読んで
 私の生徒の1人、Tさん(20代後半の男性)の許可を得て、彼からのメールを転載します。

~~~~~~~~~~~~~
 以下に記された内容は豊先生が私に出した宿題のレポートです。一期生のみなさんに少しでも参考になれたらと思いまして送信しました。読んでいただけると嬉しいです。

 『起業バカは最後に資金操りに行き詰まってしまう。借金取りに追い立てられ、サラ金地獄、街金地獄、家庭崩壊、自滅へと、わずか半年で人生の歯車が狂ってしまう。場合によっては自殺で決着をつける人間も少なからずいる。そんな危険と隣あわせなのが起業なのである。』と2ページ目から記したこの著者は渡辺仁さんです。

 彼は脱サラ・起業・フランチャイズ独立の応援ビジネス誌『Incubation』をわずか7冊で廃刊した経験を持ちます。そうなった原因は2つあると語っています。
①以前、雇われ編集長をしていた時代に2万部近く売った実績があったために、いい雑誌を作れば売れるという盲信があったこと
②初めから収入を当てにしていたために新聞広告を打ったり、書店回りに人手をさくといった営業活動が資金不足で全くできなかったこと。

 その後、知人の紹介で不動産の仕事に手を出すが騙されて借金だけが残った形で彼がその後どうなったのかは記されていません。

 この本は渡辺 仁さんが起業で失敗をした人達を取材してそこからいわゆる『起業バカ』にならないようにするための心得が記された作品です。

 他の人達のエピソードを伝えていたらキリが無いので、全体を通して私が感じたことは皆さん他人に頼ってしまったために『起業バカ』に陥ってしまったという印象を受けました。

 この本の中でこれから起業しようとする人達に必要ではないかと思う事を私の独断と偏見でお伝えします。

・起業して成功したのは1580人に1人。

・新しく会社を立ち上げても10年生き残れるのはたった5%。

・資金を調達できない人は起業する資格が無い。

・起業すること、それは天国と地獄を同時体験することだ。

・ドロ臭い営業力と実務経験の裏づけが無いと失敗する。

・大企業出身サラリーマンが失敗する原因は『思い込み』『自信過剰』『経験不足』の3つ。

・経営者が落ちる落とし穴は3つある。
①1つの原則やモデルを成功の秘訣と信じ込んで判断する。
②永遠に達成できない戦略に熱をあげる。
③事業運営上の評価基準を間違ってしまう。

・起業バカが見込み違いやカン違いをおかす原因は3つある。
①生活のすべてが会社という環境の軸で回り、世間の動きにウトく、常識からズレている『会社病』
②新聞などがタレ流す情報を信じきった『新聞病』
③いつか誰かがなんとかしてくれるという思考停止に陥る『依存病』

・金儲けをしたいなら、まず人に会い、人を口説き落とさなければならない。それがビジネスの原則。

・失敗する会社のトップの7つの習慣。
①自分と会社が市場や環境を支配していると思い込む。
②自分と会社の境を見失い、公私混同する。
③自分を全知全能だとカン違いする。
④自分を100%支持する人間以外を排斥する。
⑤会社の理想像にとらわれ、会社のスポークスマンになろうとする。
⑥ビジネス上の大きな障害を過小評価して見くびる。
⑦かつての成功体験にしがみつく。

・成功事例をマネても成功しない、失敗を経験すること。または失敗談を聞くことであらゆる問題にも対応できる。

・成功のポイントは『常識破り』になること。

・たった1回の成功に安住してはいけない。

・脱サラオーナーの失敗は誰にも相談できず、1人で決断するケースが多い。

・他人任せの商売ほど危険なものはない。

・金に執着し、欲を剥き出しにし、人を押しのけるほどの気迫がなければ成功できない。

・『こんなもの俺1人で大丈夫だ』と独断専行で突っ走るクセがあると起業家の資質はあるが、最後は破滅する。

・経営に『情』と『非情』は欠かせない。そのどちらかが欠けたとき、足元をすくわれる。

・創業後にいい寄ってくる連中は『自分の仕事に利用したい』『なにかを売りつけたい』『商品を奪いたい』『会社を乗っ取ろう』などの思惑で近づいてくるので注意が必要。

・起業となると現実になけなしの金をつぎ込み、人生を賭けた大勝負になる。これは大袈裟でもなんでもなく、気力、体力、金力をかけた崖っぷちの戦いなのだ。

・自分の姿をきちんと認識することもなく、ただなんとなく『自分だけは大丈夫』と思って起業すれば失敗するのは当然である。

・経営者は常に理想と現実を抱え込んでいなければならない。

・投資するかどうかの最後の決め手は結局、人間性である。つまり、その事業をやり遂げるだけのガッツがあるかどうか。

・顧客が何を求めているか、冷静に考えることが商売の基本となる。

 この作品を読んで私は今後の計画が変わりました。
以前は起業資金を借金でまかなおうとしていましたが、お客様がまったく来ないという最悪の場合を想定しなければいけないと考えを改めて、起業資金600万と私がサラリーマン時代の年収400万合わせて1000万の貯金ができた時に起業することにしました。
そうすれば余裕が生まれて、最初から十分な営業活動ができると考えています。
貯金ができるまでに自分の人間性を磨くため見聞を広めて人からファンになってもらえるようなプロの施術家になってみせます!
なぜ人間性を高める必要があるかというと、私が思うに突き詰めて考えるとお客様は技術では無く人柄に対してお金を支払うのではないかと思うからです。
そのような人格者になる道のりは決して平坦なものでは無いですが、一度覚悟を決めた以上、生涯プロの施術家になることをここに誓います!

 長くなりましたが、この内容が少しでも参考になれたら幸せです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://abytako2008.blog28.fc2.com/tb.php/765-53e11cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。