ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「集客革命特別セミナー」vol.4 治療家・セラピストの4つのポジショニング(1)
 治療家・セラピストには、次の4つの立場がある。それぞれの立場によって、求められるものは異なってくるので、分けて考えることが重要である。

■1次元のポジショニング:雇用されているスタッフとしての立場
■2次元のポジショニング:1店舗の個人事業主(院長)としての立場
■3次元のポジショニング:多店舗オーナー兼治療家としての立場
■4次元のポジショニング:多店舗投資家としての立場


■1次元のポジショニング(雇用されているスタッフとしての立場)について

 ここでは、技術を高めること(手技の追求)がまず要求される。その際、自分に負担がかからず、なおかつ効果的な手技を追求した方が、その後の展開にとってよい。

 人は、痛みをとって癒されたいと思って来るので、その要求にいかに応えるか、つまり、いかに満足してもらえるかがポイントとなる。「痛み」には、体の痛みと心の痛みが含まれ、両者は密接につながっている。

 満足してもらうことが重要であるが、その際、主導権はあくまで自分が握って、来院者のニーズに応えるという姿勢が大事である。相手に振り回されてはいけない。

 リピート率を高めるためには、自分のファンを作らなければならない。そのために要求されるのが高い会話能力である。また、カウンセリング力を高めて、信頼関係を構築する必要があるし、敏感な感受性を鍛えることで、サービス力を向上させる必要がある。

 雇用されてはいても、経営者としての立場で見ること、すなわち、技術を追求しつつ経営を学ぶという視点を忘れないことが重要である。

 経営者としての視点で、クライアントにフォーカスする。例えば、物品を販売するのが嫌だという思いを持つと、隙間ができる。本当によいものであるなら、相手の懐を気にしないで勧めることが大切である。売ることに関して変な先入観は捨てる。本当に相手の体を考えて没入していくこと。

 店の集客を考えつつ治療ができる人が独立できる。独立とは、自ら責任を取るということであり、その覚悟が必要である。

 独立するためには、良好な人間関係を形成できるだけの能力が不可欠である。その際、悩みの原点、ストレスの本質を知る必要がある。思った通りに生きられないというのが悩みの原点である。そして、嫌なこと=ストレスではない。嫌なことだけど、我慢できるというのがストレスになり、自己虐待につながる。相手のストレス(どこを我慢しているか)を見つけると、良好な人間関係を形成しやすくなる。

 「暗示」(=信頼の獲得)によってファン化することが、リピート率の向上すなわち集客に結びつく。どうしたら暗示にかけられるか(=信頼を得られるか)?イグザンプル=治癒例を用いる。症状、年齢、来る前の状況などを踏まえて、目の前の人に当てはめて、治癒例を話す。そうすると、相手は自分で考えて自分で答えを出す。このような「有効かつ善意の暗示」を活用する。

 技術力を向上させるためには、まず自分で自分を揉んでみる。 
 
 人材教育ができないと、2次元以降に進めない。そのため、2次元以降を見据えているのならば、来院者との信頼関係の構築にとどまらず、他のスタッフとの連携・協力の中で、人材を育てる能力を身に付けるべきである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://abytako2008.blog28.fc2.com/tb.php/75-c7c41abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)