ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「集客革命」のつづき
 「集客革命」は、およそお客様に来ていただくことを前提とする(来ていただかないと始まらない)仕事をしている人、あるいは、しようとしている人には、是非読んでいただきたい本です。

 私自身、開業する前に読んでおけばよかったと、かなり強く悔やみました。でも、もし出会わなければと思うと、ぞっとします


 せっかくですから、ちょっと、私が手帳に書いたメモを紹介しますね。すべてが吉田さんの文章そのものではなく、私なりにアレンジした部分もあると思います。

1.来る人がいなければ、店の意味ははい。

2.収益のためという基本的な目的を忘れたら、人のためになる仕事などできない。

3.ビジネスの成功には絶対に愛が必要である。しかし、オマケは決して愛ではない。愛とはプロ意識である。

4. 経営がうまくいかないのは、自分自身の収益に対する渇望が不足しているためである。

5. 儲かるしくみを生み出すアイディアや発想の豊かさが成功するするために必要である。

6. お客様が自然に集まってくるということは絶対ありえない。

7. リピートすることの価値を認めてもらうための説明を考える必要がある。

8. 集客力をつけることが最優先である。

9. お客様の感情に訴えかけるマーケティングを実現しなければならない。

10. 集客のレールを敷く。

11. 経営者は、パワーを持ち続けなければならない。

12. 成功するには、心、愛のパワー、経営者としてのセンスの3つが必須である。

13. 人を治す技術と集める技術はまったく別のものである。

14. 本当の本気でやらなければ失敗する。

15. 事業を立ち上げたからには、創業時と同じテンションを維持していかなければならない。決して揺るがない自分を作っていかなけれならない。


 私は、読んでいて、これらのすべてが胸に刺さりました。正直に言うと、読んでいて苦しかったのです。自分の経営に関する無知や間違いを認めたくなかったからかもしれません。この本を読んで、それに気づいて本当によかった。この本から真剣に学んで本当によかった。

 幸い、2月24日の吉田さんのセミナーでは、私のマイミクさんが私を吉田さんに紹介してくれることになりました。私は吉田さんに直接お礼を申し上げるチャンスをいただき、大変にラッキーだと思います。

 人生を変える1冊というものがあるとすれば、私にとってはまさにこの本がそうです。苦境から救ってくれました。

 私と同じように、経営で少しでも迷いのある方に特におススメしたいです。ただ、本当に真剣に読まないといけませんよ。読みやすいので、人によっては何も引っかかってこないかもしれません。そんな読み方をしたらもったいないですから。

 私は、退路を断つべきか否かという決断をすべきまさにそのときに、この本に出会えました。そして、知恵と勇気を与えられ、自分の進むべき道を迷いなく選ぶことができたのです。そういう意味では、「この本は私の恩人です」と言っても過言ではありません。みなさんにも、是非お手にとってご覧になることをおススメします。
 
 お断りしておきますが、私はまだ吉田さんとは直接的にも間接的にも何の利害関係もありません。純粋に、この本を読んで感銘を受けたので、こういう日記を書いているのです。念のため。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://abytako2008.blog28.fc2.com/tb.php/30-889b96ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)