ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まずは言葉遣いから
 「お世話になっております。○○の××と申します。△△の件でお電話を差し上げました。オーナーさんはいらっしゃいますか?」というような電話がよくかかってきます。初めての人から。すでに見知った関係にあれば、「お世話になっております」はおかしくありませんが、そうでないのに「お世話になっております」はおかしくないでしょうか?

 営業の人は、言葉で相手を説得するプロのはずです。それが、実際は、言葉遣いを知らない人が非常に多いのに驚かされます。

 それから、やたらと丁寧にしゃべろうとして、二重敬語を乱発する人も少なからずいます。例えば、「拝見させていただいております」など。

 時間があるときは、なぜおかしいのかを教えてあげたりもしていましたが、最近、そういうことに関わって労力を使うことが虚しくなり、「ごめんなさいね。そういうの、間に合っています」と言って、できるだけ早く切るようにしています。

 営業で電話をかけてくる人にお願いします。どうか、まずは言葉遣いから勉強して下さい。そうでないと、あなたたちの会社の商品(ほとんどは広告をやらないかという話です)に関心があったとしても、そこにたどり着くことはできません。

スポンサーサイト
2度目の手術

 昨日、2回目の手術を無事に終えて、私のネコが退院しました。

 夕方、二子玉川の日本動物高度医療センターまで迎えに行き、家に戻ってから、片時も私のそばを離れようとしません。寝るときは、ネコの部屋に置いておくのですが、ずうっと私を呼んで鳴いています。寝室の隣なので、その声が聞こえます。耐えかねて5時に起きてしまいました。今も、私のあぐらの上で、毛づくろいをしています。1番安心できるのでしょう。

 今回は、左側の乳腺を摘出しました。腫瘍は乳菅内に限局しており、腋窩と鼠径リンパ節には腫瘍性の病変は認められませんでした。また、摘出状態は良好なので、一安心というところです。2年間経過観察をして、異常がなければ完治ということになります。そうなることを心から祈ります。

訓練と準備~ニクーリンサーカスを観て
 昨日の夜は、東京ドームシティでやっている「ニクーリンサーカス」を観てきました。昔ながらのサーカスという感じで、特に目新しいものはフェレットの芸くらいしかありませんでしたが、休憩時間でのプードル、終了後のクマとの記念撮影など、結構楽しむことができました。

 目の前に繰り広げられるパーフォーマンスより、それができるようになるまでの過程、つまり訓練と準備の方に私の関心は向きます。観衆が決して目にすることがない彼らの努力の過程。おそらく血の滲むような努力を重ねてきたのだと思います。我々が目にするのは彼らのほんの一部。

 訓練と準備を決して怠らないで、完全な演技を披露する。私も、施術の際、常に心がけたいと思います。

料理と施術ー食堂かたつむりを観て
 先ほど、新宿バルト9で、柴崎コウさん主演の「食堂かたつむり」を観て、いったん帰宅しました。

 食材(命)に心から感謝し、思いを込めて調理した料理は、人の心に響き、その人の人生を好転させる力さえあるということを知りました。

 同じ食材、同じ調理器具、同じ調味料を使ったとしても、「その人に喜んでもらいたい!」という思いで作る料理と、食べる人がどこの誰かわからないがとにかく作るという料理では、味が違うはずです。作り手の思い方次第で味は変わってくると思います。

 これは、施術にも妥当します。その人が苦痛から解放されて、2度と同じ症状で悩まなくてもいいような元気な体と心になって欲しいという心からの願いを込めて、おひとりおひとりを丁寧に施術するのと、ただただ決められた段取りと時間さえこなせばいいという思いで施術するのでは、やはり施術効果は違ってくるはずです。施術の場合は、体に接触しますので、よけいに施術者の思いが受け手に伝わりやすいと思います。思いのすべてが伝わっているといってもいいでしょう。

 料理にしても、施術にしても、作り手側、施術をする側の思いがいかに大切かということを再認識させてくれる映画でした。

 帰宅して、思いを込めて菜の花の辛子和えを作りました。

食堂かたつむりとニクーリンサーカス
 今日は整体院の定休日。午前中は買い物と映画「食堂かたつむり」、夜は「東京ドームニクーリンサーカス」というスケジュールです。先週の火曜日の夜は、天王洲アイルの銀河劇場で「が~まるちょば」を観てきました。詳しいことはまた後で書けるかもしれません。

めぐささん、ありがとう!!
 このブログでも、私の整体院の広告をクーポンランドというフリーペーパーに載せていることは何回か書きましたが、1月20日号では、口コミランキング3位になりました。

 そのことを、フィットバランス療術学院のスタッフの川崎めぐささんが、ご自身のブログ(私のブログとリンクしています)で紹介してくれました(フィットバランスお世話になりますブログ)。めぐささん、どうもありがとう!!

生き方はそれぞれ
 自分は、完璧主義者だと思います。それは、こういう理由です。

 どんなに100点満点を目指しても、実はそれを達成することはできない。人間の能力からして、目標の80パーセントしか達成できないとする。だとすると、100点を目指して80点。それを前提にすると、最初から100点を目指すことを諦めて80点でもいいやという場合には、64点しか獲得できない。それでいいのか?ということです。

 だから、私は、スポーツにしても、勉強にしても、仕事にしても、人間関係にしても、あらゆることに関して100点を目指してきました。これが自分の生き方で、自分にとっては正しいと思っている生き方です。責任のある生き方でもあると思っています。

 でも、そうではない生き方もあるということです。それはそれでいいと考えないと、上手く折り合いをつけることはできません。こちらが認めるしかないのですね。相手に求めるわけにはいかないので。

 自分は、昨日よりは今日、今日よりは明日と、少しずつでも向上するように努力するのが大切なことだと考えていますが、そういう考えとは無縁の世界で生きている人もたくさんいます。それはそれでいいと思います。生き方は人それぞれなので、どちらがいいということはありません。ただ、その結果に責任を持てばいいのです。

自由に生きる
 私の知っている人に、好きなことだけをして生きたいという人がいます。私は、自分なりの規範を設定し、それに則って生きていく(たとえ嫌いなことであっても、すべきことはする)のが正しいと思ってきましたが、「死ぬときに後悔すること25」(大津秀一著)の中に次のような文章を見つけました。

 「予定調和ばかり気にして、あるいは周囲と和することばかり考え、空気を読みすぎるのは明らかに精神衛生上良くないし、そのような無形の長年のストレスが病気を生む可能性もある。だから、やりたいことは普段からどんどんやるようにし、他人に迷惑を(なるべく)かけないという前提で、もう少し好き勝手に生きてみても良いものと思われる。自由に生きても、忍耐で生きても、それほど文句を言われる量は変わらないと思う。だとしたら、自由に生きたほうが、自分のためになるのではないか。……やりたいことをやらねば最期に後悔する。やりたいことはさっさとやるべきなのだ」(62ページ)。

 これを読んで、その人のような生き方も認めてあげなければならないのかなあ~と思いました。たとえ私の生き方とは違っても。

 自分は、ひとに比べて規範意識が強すぎる面があり、それを基準に他人を厳しく見てしまうという欠点があります。そのため、寛容さに欠けてしまったりもします。そして、人生の折り合いがつかなくなったり。

 裁く気持ちが苦しみをもたらし、許すことで自由になれるといいます。許せなくなったときこそ、このことを忘れないようにしたいものです。