ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お薦めの2冊
 最近読んで感銘を受けた本をみなさんにご紹介します。

●「Happy名語録」ひすいこたろう+よっちゃん(王様文庫)と
●「こっそり使える恋愛心理術」ゆうきゆう(だいわ文庫)です。

本屋さんに行ったときに是非お手に取ってご覧下さい。

スポンサーサイト
明日から2月
 今日は日曜日で、歩こう会。朝6時に起きて、6時40分くらいに明治神宮に到着。門が開いたばかりでした。冬の時期の開門時間は6時40分。春になれば、もっと早くなります。

 最近、思います。日が昇るのが早くなり、暗くなるのも少しずつ遅くなってきたなあ~と。ついこの間新年を迎えたと思ったら、もう明日から2月。あっという間に1月が終わってしまいます。

 今年は、私にとって今まで以上に重要な年になりそうです。1日1日をより大切に過ごしたいと思います。

道幸武久さんの講演会
 24日は、整体院を休みにして、道幸武久さんの講演会に出てきました。相変わらずエネルギーに満ちていて、同じ場所にいるだけで、パワーをもらうことができます。

 田中勝博さんの「2010中流階級消失」という本の紹介から始まりました(先ほど、この本をネットで注文しました)。簡単なメモ程度ですが、私の心に残った道幸さんの言葉を一部紹介します。すべて正確な再現とは言えないかもしれません。ご了承下さい。

●人を本気で喜ばせる仕事をする。いかに喜んでリピートしてもらえるかがポイント。
●自然とのバランスが大切。「自分らしさ」を作り上げる。
●自分自身を知るために、セルフメディアを活かす。そのツールである、mixi、ブログ、ツイッターは、本名で行う。それが、パーソナルブランドにつながる。
●潜在意識の活用が重要。
●成功の秘訣はリラックス。
●自分の軸ができると行動できる。軸作りが大切。自分は何なのかが分からないと成功しない。
●何で貢献して成功するか、幸せになるかを真剣に考える。
●日本人としての誇りを忘れない。
●仲間を応援して成功する。バランスがある人が継続して成功することができる。
●自分をブランド化し、自分の役割を知る。役割に気付くと軸ができる。
●紹介とリピートが最も重要。「三方よし!」が加速成功の秘訣。

 道幸さんのお話には、活字だけでは伝えきれないものがたくさんあります。ぜひ、みなさんも1度生の道幸さんに接してみて下さい。人生を切り開く契機を得られるかもしれません。

妻と恋人
 整体院の定休日である火曜日は、できるだけ外に出て、映画を観たりするようにしているのですが、昨日は、「サヨナライツカ」と「オーシャンズ」を観てきました。

 妻にしたい女性と恋人にしたい女性は、必ずしも一致しませんね。そして、その両方を手に入れることはできず、何かを得ようとしたら、何かを諦めなくてはいけません。サヨナライツカを観て、そんなことを思いました。

何でもやる!!
 1週間ほど前にも書きましたが、食は、生きていく基本です。だから、料理に女も男も関係ない。料理に限らず、男だって、家事全般ができた方がいい。本当にできる男は、何でもできる。仕事に限らない。仕事しかできないような男は、もはや通用しない。何でもできる男になろう!!

「今度は愛妻家」
 昨日は火曜日で定休日。今年に入って初めて映画を観てきました。

 豊川悦司さんと薬師丸ひろ子さんが出ている「今度は愛妻家」です。監督は行定勲さん。彼は、こう言っています。「最愛の人を想うことはこんなにも切ないのか……と思いました。でも、普段はそれに気が付かないものなんですよね。最愛の人がいること、最愛の人を想うことがどんなに幸福なことなのか──それに気付いたらきっと優しくなれるだろうし、社会の見え方も変わってくると思う。隣にいる人が幸せであることを実感すると、自分の心の中がちょっとだけあったかくなる、そう思うんです」。

 映画の前半は、おかしくかなり笑っていましたが、後半はがらりと変わって……。ちょっと泣けてしまいました。人を愛すること、その想いをきちんと伝え続けることの大切さを再認識しました。

早朝に歩こう会をするわけ
 もっと多くの人に明治神宮の良さを知ってもらって、そこで体を動かすことで健康になってもらいたいと思って、たくさんの人に声をかけていますが、みなさん、体にはいいと分かっていても、実際に参加する人はそのうちのごくごく一部です。やらない人は、夏は暑いと言い、冬は寒いと言い、そして、朝早いから無理と言います。

 朝早いのには理由があります。開始時間を、大体、夏は6時、冬は6時45分としているのは、朝日を浴びたいからです。自然界の中で最も強いエネルギーを放つのは太陽で、特に昇ったばかりの太陽のエネルギーは格別です。だから、それを浴びることで、そのエネルギーが注入され、健康レベルが確実に上がります。明治神宮の早朝の凛とした空気もそれに寄与します。

 それから、日曜日は、朝9時とか10時とかに予約が入ることもありますので、できるだけ早い時間から歩こう会を始めて、施術の準備を確保するという理由もあります。

 そういうわけで、歩こう会の開始時間を早くしています。

 ただ、住んでいるところが明治神宮から遠いなどして、日曜の早朝に来れない人のためには、平日にやったりもしています。27日も、うちのチラシや食事会の案内、年賀状などを快く作ってくれているMちゃんと、11時30分からウォーキング、体操、運動をやる予定です。

 こういうことは、より多くの人の健康と幸福のお役に立つという自分の役割の一環だと思っています。人のためにもなるし、それが自分のためにもなる。すごく楽しいですね♪ですから100歳になるまで続けるつもりです、マジで(笑)。

歩こう会のきっかけ
 十二社通りを代々木方面にまっすぐ歩いて行って、突き当りが明治神宮になます。私の足で、大体25分くらい。隣には、ポニーー公園、東京乗馬倶楽部などがあります。美味しいパン屋さんが近くにある参宮橋の駅からは3分くらいの距離です。

 歩こう会は、一昨年の2月に1人、3月にもう1人参加という形で、最初は私を含めて3人でスタートしました(私自身は1月15日から)。その後、1回でも参加した人は、合計で20人くらい暗いでしょうか。

 きっかけは、その2人です。1人は子宮がんで、子宮と卵巣の全部摘出手術を受け、約1ヵ月半入院しました。そのとき、つくづく運動しなきゃと思ったそうです。それで、私の声にすぐに応じて、2月に始めてくれました。もう1人は乳がん。この人は手術を受けていませんが、自分の免疫力を高めることで何とかしてがんを克服したい、そういう思いで3月から始めてくれました。この人たちが1期生で、去年の8月に卒業しました。今でも、たまに明治神宮で会います。2人で一緒にやっています。随分元気になりました。

 一昨年の3月16日に、次のようなブログを書いていますので、読んでみて下さい。ちょっと長いですけど。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今日は、第7回目の「歩こう会」でした。「歩こう会」というのは、早朝の明治神宮を歩いて、心身ともに元気になろうという趣旨で始めたものです。歩くだけでなく、体操をしたり、軽いエクササイズをしたりします。決してきつくはありません。楽しんでやれるものです。

 昨日初めて施術を受けにいらした女性にその話をすると、参加したいとおっしゃるのです。私は嬉しくなりました。それで、今朝は、いつものHさんと3人で歩きました。Hさんもやっと仲間ができて、とても楽しそうでした。

 終了後、Hさんから、「歩こう会」を定期に開催したらという提案をいただきました。確かに、その方がみなさんが参加しやすくなります。それで、これからは、毎週日曜日午前6時30分に、JR原宿駅から近い明治神宮の鳥居のところで待ち合わせをして、歩き始めようと思います。時間はだいたい1時間30分くらいです。もし、その日に施術の予約が入ったりした場合には中止になる可能性があります。そのときは事前にお知らせします。

 参加資格ですが、私の整体院にいらしたことのない方でも結構です。明治神宮を歩いて健康になりたいというお気持ちがあれば、どなたでも参加してください。もちろん、料金はかかりません。そのうち、もっと季節が良くなったら、みんなでお弁当を食べたりするのもいいかなあ、なんて思っています。今朝も、芝生の上でおにぎりを食べている家族がいました。いい景色を眺めながら食べたら、さぞかし美味しいと思います。

 参加ご希望の方は、お電話(03-5323-2118)か、メール(yutaka-seitai@mbe.nifty.com)をください。お待ちしています。春は恋の季節です♪素敵な出会いがあるかもしれませんよ!! 

注:当時の電話番号は今とは違いますので、現在のものに変更しました。

24日休業、26日営業のお知らせ
 今月の24日(日)は、道幸武久さんの講演会に出るためにお休みします。その代わり、26日(火)は営業します。どうぞご了承ください。

あびと歩こう会
 みなさん、おはようございます(^o^)/昨夜も何時に寝たのか定かではありませんが(いつものように意識を失うように寝てしまいました)、今朝は3時半ちょっと前に起きてしまいました。あびは、エリザベスカーラーをドアにでも当てているのでしょうか、その音で(あびの部屋は寝室の隣です)。

 今日は日曜日で、歩こう会の日です。新しい人が参加してくれます。彼女(30代後半)は、11日の21時に予約してくれました。11日は祝日で、本来受付は17時で終了だったのですが、前日にフルマラソンをして全身がボロボロという訴え、親近感を覚える話し方(大阪弁だと思いました)から、私自身が会ってみたいという気持ちになり、予約を受けました。受付時間外でも可能な限りどなたからの予約でも受けるのが原則ですが。会話がすごく弾みました。波長が合うという人はいるものです。

 その彼女から、17日の歩こう会に参加したいというメールが先日ありました。1回施術を受けた人がすぐに参加してくれるというケースはたまにありますが、こういうの、本当に嬉しいのです。

 6時15分に、新宿中央公園近くの消防署前で待ち合わせをして、公園で体操をして、ウォーキングのフォームを教えて、明治神宮まで一緒に歩きます。明治神宮の現在の開門時間は6時40分ですので、ちょうどそのころに着くと思います。いつもの場所で体操と運動をし、ウォーキングをして、本殿で参拝する予定です。

 私が明治神宮に行き始めてちょうど丸2年。その頃は、私にとっての転換期で、明治神宮でいろいろなインスピレーションを得ることができました。ちょっと不思議な感覚でしたが、現在私がやっている施術の方向性を形成する契機となりました。歩こう会は、ひとのためにだけやっているのではない。自分のためにもなる。ひとのためになることが自分のためにもなる、そういうことをやり続けることの大切さを歩こう会は教えてくれているような気がします。

 こうしてブログを書いている間、あびはずうっと私のあぐらの上にいます。これからは、できるだけあびに構ってあげたいと思います。あびのためでもあるし、私のためでもあります。あびと触れ合っていると、穏やかで優しい気持ちになれます。それが私の生活全般にいい影響をもたらし、みなさんにも波及します。人と人、人と動物、すべて影響し合って生きているのですね。

「死ぬときに後悔すること25」
 1月5日、あびの手術前の検査が終わるまでの時間を玉川高島屋の紀伊國屋で過ごしました。そこで目に留まって、すぐに購入した本が、タイトルにある「死ぬときに後悔すること25」(大津秀一著)と、「言葉で治療する」(鎌田實著)、「スターバックスに学べ!」(ジョン・ムーア著)です。

 今日は、「死ぬときに後悔すること25」をご紹介します。私は、後悔しないような生き方をしたいと思っていますので、このタイトルにすぐに目が行き、「はじめに」と目次をざっと読みました。次のようなことが書いてあります。「はじめに」には、深い感銘を受ける文章がたくさんあるのですが、その一部を抜粋します。

●明日死ぬかもしれないと思って生きてきた人間は、後悔が少ない。明日死ぬかもしれないと思う人間は、限られた生の時間を精一杯生きようとする人間であり、一日一日に最善を尽くそうとする人間である。一期一会を思う人間である。

●やり残したことを作らないために、健康なうちからやるべきことを全てやってしまおう!

 そして、目次です。
第一章 健康・医療編
1 健康を大切にしなかったこと 
2 たばこを止めなかったこと
3 生前の意思を示さなかったこと
4 治療の意味を見失ってしまったこと

第二章 心理編
5 自分のやりたいことをやらなかったこと
6 夢をかなえられなかったこと
7 悪事に手を染めたこと
8 感情に振り回された一生を過ごしたこと
9 他人に優しくしなかったこと
10 自分が一番と信じて疑わなかったこと

第三章 社会・生活編
11 遺産をどうするかを決めなかったこと
12 自分の葬儀を考えなかったこと
13 故郷に帰らなかったこと
14 美味しいものを食べておかなかったこと
15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16 行きたい場所に旅行しなかったこと

第四章 人間編
17 会いたい人に会っておかなかったこと
18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと

第五章 宗教・哲学編
22 自分の生きた証を残さなかったこと
23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24 神仏の教えを知らなかったこと

第六章 最終編
25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 人が後悔する内容というのは、大津先生も言っているように、古今東西普遍的なもので、大体決まっていると思います。上記の25のうち、私も、これをしておかなかったらきっと死ぬときに後悔するだろうなあというのがいくつかあります。それを、さっそく今からやってしまおう!みなさんも、いかがですか?今この瞬間から、死ぬときに後悔しないような生き方を目指しませんか?

乳腺腺癌
 昨夜、日本動物高度医療センターの担当医から電話がありました。やはり、あびは乳腺腺癌だそうです。病理検査の結果が意外に早く出ました。腫瘍は左右の胸にそれぞれ3個ずつできていて、今回はその右側を摘出しましたが、2月には、左側の摘出手術も受けなければならないことが決まりました。ガンでないことを祈っていましたが、残念です。

 手術は2月のを最後にします。仮に万一他への転移という事態が生じたとしても、3回以上の手術は受けさせません。免疫力を高めることに専念し、別の治療方法を考えます。摘出手術は、体力を奪い、免疫力を低下させるため、必要最小限度に止めたいからです。

 3年ぶりにあびが私の手元に戻ってきた去年の4月以降、どうしても、あびのことは後回しになっていました。施術が忙しかったせいもあります。今回、こういうことになって、自分が本当に大切にしなければならないものを疎かにしていたことに気づかされました。これから先、あびに対しても悔いのないように接していきたいと思います。私にとって、掛け替えのない存在ですから。

Dさんと私の夢
 昨日の13時ちょっと前にDさんがいらっしゃいました。いつものようにゆっくりと施術を受けていただき(Dさんは、心がとてもきれいな方なので、施術効果も抜群にいいのですが、お仕事柄健康的な生活ができません)、私が作ったカレーを召し上がっていただきました。Dさんには、いつかチャンスがあったらと思っていましたので、実現できてとても嬉しかったです。

 理想を言えば、予約は午前と午後の2人にして、それぞれランチとディナーをみなさんに提供したいのですが、それだと経営が成り立ちませんね(笑)。

 ただ、山や海といった自然が一杯のところに、宿泊もでき(そこには温泉もジムもある)、施術だけでなく食事も受けられる施設を作り、みなさんに、3か月に1回とか、6か月に1回とかの割合でもいいから来てもらって、体と心の芯から寛いでもらう、そういことを実現するのが私の夢です。

 これは、私ひとりではとても実現できませんね。多くの人のお力が必要です。何とかしたいなあ~。

フィットバランス療術学院の卒業試験
 今週は、フィットバランス療術学院の卒業試験が行われていますが、1回で合格する人はわずか15パーセントと、かなり厳しいものです。

 自分も、1回目の卒業試験では合格ができませんでした。同じ火曜日生で1回で合格できたのは、すでに開業されて長い経験を持つUさんただ1人。

 掲示板に自分の名前を見つけられなかったその瞬間はかなりのショックでしたが、絶対2回目で合格するという強い信念の下、2か月間の実技のみの授業を必死で受け、手技の精度を高めることに全精力を傾けました。おかげで、その前の4か月と比べ、飛躍的に上達しました。これは、自分だけではなく、他のすべての生徒に妥当する話です。ですから、かえって落ちてよかったと思っています。あの2か月間があったからこそ今があるといえます。みんなの団結心も強くなり、いいことづくめでした。

 1回目の卒業試験に受かることも大切ですが、その後の2か月間をいかに過ごすかの方がもっと大切だと思います。今週試験を受けている方には、合否という結果を真摯に受け止めて、しかし、それのみに拘泥することなく、その期間を大いに活用してもらいたいと思います。それが、間違いなくあなたの将来につながる!!

フィットバランス療術学院の再受講制度
 2年前のちょうど今頃、私は人生の転換期を迎えており、そのとき必然的な出会いがありました。それは、青山にある整体の学校、フィットバランス療術学院の吉田正幸学院長の著書「集客革命」です。それを読んで強いショックと深い感銘を受け、2月の学院長のセミナーに参加し、続いて3月に学院説明会に出て、そして4月に入学という運びになりました。まるで目に見えない力に導かれているようでした。

 吉田学院長の教えを実践したおかげで、より多くの人の健康と幸福に貢献するという私の使命を果たせる礎ができました。いつもブログに書いているように、毎日が楽しくてとても充実しています。その私の姿を見て、10人ほどの私のお客様がフィットバランス療術学院の入学案内等をもらってくれて、そのうちの3人は、おそらく今年入学するでしょう。

 フィットバランスの長所は実にたくさんあり、興味を持って下さった方には、それをじっくりと丁寧に説明していますが、そのうちの1つが再受講制度です。フィットバランスでは、最初の4か月で一応授業としてのカリキュラムは終了し、卒業試験が行われます。その後2か月間、実技のみの授業があり、さらに、4か月間の再受講制度があります。つまり、再受講期間も含めれば10か月間学べるということです。

 私の場合は、直営店でのインターンなどがあり、再受講はほとんどできませんでしたが、このシステムは理解度を深め、習熟度を上げるのに非常にいいと思います。フィットバランスのフィットバランスたるゆえんと言ってもいいです。この再受講というシステムがあることも、ひとにフィットバランスを薦めやすくなっている理由です。これは、ずうっと続けて欲しいと思っています。

料理
 私は、常々、人生は楽しんでなんぼ!だと思っています。人生は楽しむためにある。そのためには、多少の努力はいたし方ありません。努力なくして成果はありませんから。何事につけても、楽しむための努力は惜しみません。努力もまた楽し!です。

 昨夜は、予約が入っていなかったので、エビ、ホタテ、鶏挽肉、しめじ、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、さやえんどうを使って、特製カレーを作りました。ポイントは、スライスした6個の玉ねぎを焦がさないように、飴色に近くなるまで炒めること。

 食は生きていく上での基本なので、料理に男も女も関係ないというのが私の考えです。他の家事もそうですが、やっぱりできないよりはできた方がいい。ひとにも喜んでもらえますし。去年の12月に、山形から芋煮セットを送ってもらい、6月のサクランボ狩りに山形まで来てもらったハートリィ整体院の狩野さんの奥さんとそのお友達に、芋煮をごちそうし、大変喜んでもらいました。きちんとした食材で作った美味しい料理は、ひとを健康にし、幸福にします。

 私は、毎朝、5時か6時には起きて自ら朝食を作り、1日のよいスタートを切っています。夜も、昨日のように時間が許す限り作っています。何事も一生懸命にやれば結果が必ず出て楽しい♪すべては、よい方向につながっていきます。

 今日の午後、いつも大変お世話になっているDさんが今年2回目の施術を受けに来てくれます。もし彼に時間があるようでしたら、私のカレーをごちそうしたいと思います。Dさん、喜んでくれるかな?

あびのその後
 今日は水曜日なので、受付は15時から。そこで、午前中、日本動物高度医療センターを紹介してくれた方南町の動物病院の先生にお礼に行ってきました。その先生の話によると、当センターは、東日本ではおそらく1番の病院だろうということです。安心して愛猫を預けることができたわけです。

 13時にクーポンランドの担当者が新年の挨拶に来ました。昨日作った、つくねと野菜たくさんのお吸い物で蕎麦をこしらえ、2人ですすりました。あと、今朝作ったかぼちゃの煮つけ、リンゴを出してあげたら、すごく喜びました。彼曰く、「こんなことをしてくれるクラアントさんはいません!!」。

 その後片付けを済ませ、ちょっと一段落といったところです。あびは、私のあぐらの上で喉をゴロゴロ鳴らしています。今回のことがあってつくづく思いました。普段からもうちょっとちゃんとかまってやろうと。苦しい司法試験受験時代に、私の1番の支えになったネコですから、もっと大事にしないといけません。もうすぐ12歳ですが、元気に20歳まで生きて欲しいと願っています。

 来週の水曜日に、抜糸をしてもらいに、また日本動物高度医療センターに行きます。その前に、再度の手術が必要かどうか判明しているでしょう。不要なことを祈ります。2度も手術を受けさせるのはかわいそうですし。

あび退院
 5日に日本動物高度医療センターに入院し、7日に4時間以上に及ぶ手術を受けたあびは、今日の午前中無事に退院しました。手術も上手くいき、回復も極めて順調です。13日の午前中にまた行って、抜糸をしてもらいます。18日頃に出る病理検査の結果を受けて、再度の手術を受けるかどうかが決まりますが、おそらくそうなるだろうというのが担当医の所見です。

 もともと、大変な甘ったれネコのあびですが、久しぶりに我が家に戻ってきてから、私のあぐらの上から離れようとしません。あびの喉は嗄れています。きっと、この1週間、私を呼び続けたのでしょう。ずうっとあぐらをかいていると足が痛くなりますが、それを思うと、我慢するしかありません。

 心配してくださった方に、この場を借りてお礼を申し上げます。どうもありあとう!

乳腺腫瘍vol.2
 12日、レントゲン、エコー、超音波検査の後、担当獣医に次のような説明を受けました。

 腫瘍が右の胸1か所だけではなく、全部で左右6か所に見つかった。過形成の可能性もあるが、悪性の可能性がより高いので、今回は、右側の胸線、脇及び鼠径部のリンパ節を切除する。1か月後に左側も切除する。18日くらいに、病理検査の結果が出る。

 私は、医師の話を聞きながら手帳にメモを取りました。できるだけ冷静になろうとして。胸部の毛を短くされたあびは、何とも言えない悲しげな顔して私を見ていました。

乳腺腫瘍vol.1
 去年の暮にシャンプーをしたときに、あびの右側のおっぱいの辺りに膨らんだものがあるのに気づきました。長年お世話になっているアメック杉並動物病院に連れて行き診察を受け、細胞を検査に出してもらったところ、悪性の腫瘍の恐れがあるということでしたので、専門の医療機関による治療を受けることにしました。いくつか紹介してもらいましたが、昨日ブログに書いた「日本動物高度医療センター」が1番いいと判断し、紹介状の作成と予約をしていただきました。そして、昨日、あびをそこに連れて行きました。

 あびは、もうすぐ12歳になるアビシニアンのメスです。縁があって、私が方南町に住んでいたときに、杉並のコジマ(今はありません)で購入しました。すでに生後4ヶ月が経っていたので、大きさは子猫という感じではありませんでしたが、性格的には甘ったれで、私によくなつきました。

 ずうっと飼っていたわけではなく、去年の4月の初めに3年ぶりに私の元に戻ってきました。そのことについては、いつか詳しく書けるかもしれません。当初、もともと3キロほどあった体重が2.45キロまで激減していました。その後回復し、3キロを超えるようになり、健康状態、精神状態ともにかなり良好になったと安心していました。

あび入院
 私が飼っている「あび」という猫が、今日、二子玉川にある日本動物高度医療センターに入院しました。ほぼ9割以上の確率でガンだそうです。手術は明後日の木曜日、退院は来週の火曜日の予定です。詳しくはまた明日にでも。