ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「お母さんだからできるしつけの本」
 去年の4月1日から、青山にあるフィットバランス療術学院という整体の学校に通ったことはたびたびお話していますが、吉田正幸学院長に多数の良書を薦められました。そのうちの1冊が「お母さんだからできるしつけの本」です。作者は、多湖(たご)輝(あきら)先生。

 まだ読み始めたばかりですが、「はじめに」の5ページに、「勉強しない子に『勉強しろ』と言っても、反省しない子に『反省しろ』と言っても、思う通りに子どもは変わらない。」、「むしろ、子どもが自らその気になるように仕向けることが、お母さんにできる最善策なのです」と書いてあります。

 「自らその気になるように仕向ける」。これ、非常に深いです。およそ人間関係を円滑にする要諦のような気がします。

 得てして、こちらの期待通りに動かない相手に対して、「ああしろ、こうしろ」と言いがちです。でも、それは、反発心を招くだけで、逆効果なのですね。

 吉田学院長が、「この本は、人材を育成する上で最良のアドバイスを提供してくれている」 と指摘されましたが、まさにその通りで、私自身も、これから先、あらゆる場面で大いに活用したいと思います。そうすることで、さらに良好な人間関係を誰とでも築けそうです。

スポンサーサイト
しつけ
 子どものしつけは、親の役目。親は、子どものためであれば、仮に自分が嫌われるようなことであっても、教え諭す必要があると思います。それを受けて、子どもは一時反発するようなこともあるかもしれませんが、いずれは親の真意を理解する時がきます。そして、感謝するでしょう。

 私は、いろいろな面で厳しく育てられましたが、そのおかげで、どこに行っても恥ずかしい思いをしたことがありません。親がきちんとしたしつけをしてくれたことに、非常に感謝しています。

 世の中に目を転じてみると、親のしつけを全く受けずに育ったのではないかと思われるような人がいます。20代でも、30代でも。そういう人を切り捨てるのは簡単ですが、縁があって出会ったと思うような人については、まさに親になったような気持で上手にしつけてあげなければならないのではないかと思う今日この頃であります。

開院3周年
 2006年8月8日に、新宿御苑前に整体院を開きました。あれから3年が経ちました。714人の新規の方がいらっしゃいました。そのすべての方たちに最善を尽くしたという自負があります。

 これからの3年は、今までとはまた違う形に発展していくと思います。それが非常に楽しみです。

 来院された方たちをはじめ、私に協力を惜しまなかったみなさんに心から感謝したいと思います。本当にありがとうございます。より多くの方の健康と幸福に貢献するという使命を果たせるよう、ますます精進しますので、どうぞよろしくお願いします。

原因と結果
 生じた結果にとらわれて、そこだけを何とかしようとし、原因に目を向けないと、同じような結果は何度でも生じます。

 例えば、しょっちゅう、いろいろな災いが身に降りかかる人がいて、その人は、生じた結果の責任を相手や環境のせいにし、自分にも一因があるのではないかなどとは微塵も思わないとします。

 おそらく、そういう人には、今後も形を変えて次から次と様々な問題が生じてくるでしょう。対症療法ではすまないのです。やはり原因療法をしないと。つまり、原因に目を向けて、そこから改善していかないと。それと併せて、自己責任という考えを持たないと。

 私は、できる限り、私を必要として下さる方の話を聞いて、根本原因から解決する処方箋を導き出す作業を一緒にしたいと思っていますし、現にそうしてきました。治療よりも予防が大事だと考えています。何でもそうです。起こってからではなく、起こらないようにする。これが肝心です。

 また、本気で自分を変えたいという気持ちがある方であれば、どなたであっても、とことん付き合う覚悟ができていますし、そうしてきました。

 ただ残念ながら、そういう思いが通じない人もいるのですね。「きちんとした人間関係を形成することが、円滑な人間関係を営む上で不可欠である」という私の言葉を、私独自の価値観で、押し付けであると跳ね除けた人がいます。

 私の資源にも限りがあります。私は、たくさんの方と関わっています。私の資源を活用する相手も、自ずと選ばざるを得ません。今回のケースは非常に稀ですが、大切なことを教えてくれました。

 道幸武久さんも言っています。「人や環境のせいにする人は、成功できないし、幸せになれない」と。