ゆたか整体サロン
西新宿にある静かなリラックス空間!原因(首の骨の歪み)と結果(症状)の両方にアプローチする画期的なセラピー!!西新宿駅から徒歩7分。新宿中央公園のすぐそば。
プロフィール

榊原 豊

Author:榊原 豊
●メニュー
(1)ボディケア:全身のほぐし(60分7000円~)
(2)ネックセラピー:首の骨の歪みの矯正+電位療法(60分6000円)
(3)トータルセラピー:全身のほぐし+首の骨の歪みの矯正+電位療法(120分12000円~)
●完全予約制:03-5323-2118または
yutaka-seitai@mbe.nifty.comまで
●受付時間(時間外もご相談に応じます)
 月・木~日…10:00~21:00
      水…16:00~21:00 
 ※この時間内にお越しいただければ施術が受けられます。
●定休日:火曜日
●アクセス
丸ノ内線西新宿駅から徒歩7分
    中野坂上駅から徒歩8分
大江戸線西新宿五丁目駅から徒歩8分
    都庁前駅から徒歩9分
JR新宿駅西口から徒歩15分
※おわかりにくい場合にはご連絡下さい。電話でご案内するか、近くまでお迎えに参ります。
〒160-0023 新宿区西新宿6-25-8アトラスタワー西新宿1601号室(新宿スクエアタワー隣)
●HP
【西新宿ゆたか整体院】 
【携帯HP】 はこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

携帯HP・QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクリング
 妻の怪我は回復し、ほとんど普通に動けるようになりました。そこで、サイクリングをしようということになり、以前住んでいた方南町まで行って用事を済ませ、いったん西新宿の自宅に戻り、それからタパス&タパス青山店まで行って、パスタを食べてきました。日中は日差しも相当に強く、かなり日焼けをしました。

 新宿御苑前に整体院を構えていたときは、ほとんど家にいることができず、自転車に乗る暇もありませんでした。「できるときにできることを」と思い、暑い中、2人で出かけて、小さな満足感を得られました。こんなことの積み重ねが意外に大事なのではないかと思った次第です。
スポンサーサイト
東京マラソンにエントリー!
 昨日、来年の3月に行われる東京マラソンにエントリーしました。自分への挑戦です。抽選は11月中旬にあり、その結果はメールで知らされます。みなさんも走りませんか?詳しくはこちらをご覧ください。http://www.tokyo42195.org/です。
妻が怪我を
 フィットバランスで交流会があった19日の夜、妻が怪我をしました。場所は、自宅マンション向かいのAビル脇の小道。両手に荷物を持って買い物から帰ろうとした妻が、ロープに足を取られ転倒して、両足と右手に傷を負いました。

 そのロープは、パイロン(道路に置いてある赤い三角錐のやつです)の下の方に繋がれていたらしく、時刻が夜の9時20分であたりが暗かったということもあり、また、信号が青に変わったために走り出した瞬間だったということもあり、妻は全くロープの存在に気づかなかったのです。それで、前のめりに思いっきり倒れてしまいました。

 傷の程度は深いものではなかったのですが、精神的なショックが大きかったみたいです。幸いにも、近くに住んでいる妻の知り合いのKさんが消毒などをしてくれました。

 どういうわけでそんなところにロープが張ってあったのかはわかりませんが、何があるかわからないので、どんな状況でも十分な注意が必要ですね。みなさんも、どうぞお気をつけ下さい。 
タバコ
 以前、NSビルの29階にある「Ⅰ」というとんかつ屋に入ったことがあります。

 そこは、味はまあまあでした。私たちが入ったのはお昼時で、ほぼ満席状態。隣の人が食事をしているのに、まったくお構いなしにタバコを吸っているサラリーマンがいます。その店は、禁煙はおろか、分煙すらもしていません。お昼時なのに。

 テーブルの上には、お店に対する要望などを記入するカードが置かれています。私たちの前の人が書いたのでしょう。「味はとてもいいのに、お昼時の喫煙はとても残念です」と書かれていました。

 私は、食事が終わって支払いを済ますときに、そこの店主に対して、「非喫煙者は喫煙者に対して弱者の立場にあります。サービス業は弱者を基準にして経営しなければなりません。こちらのような飲食店もサービス業です。ですから、非喫煙者に配慮して、せめて込んでいる昼食時くらい禁煙にしてください。恒久的にそうするのが難しければ、1週間でも試験的に行って、お客様の意見を聞いてみてください」と言いました。

 その店主、どうも私の言っていることが理解できない、いや、しないみたいでした。非喫煙者がどう思っているか、まったく想像ができない人なんでしょう。とにかく、私としては言うべきことを言ったというただそれだけのことです。

 実は、6年ほど前まで、私も喫煙者でしたが、今では、お店にタバコを吸う人がいればよっぽどのことがない限り入りませんし、タバコに対する配慮を欠く店に対しては、今お話したように、非喫煙者の立場を考慮に入れて経営してくださいとお願いするようにしています。

 我慢しているだけではダメです。タバコが苦手な人は健全な人です。そういう人が声を上げて、少しずつ世の中を変えていきましょう!

交流会
 19日は、フィットバランス療術学院の交流会です。50人くらいが参加するそうです。特別顧問の道幸武久さんも参加されます。非常に楽しみです。飲み過ぎないように注意したいです。
さすがだなあ~
 毎週火曜日はフィットバランスの日で、吉田学院長はじめ講師の方たちのお話やご指導にはいつも感動しているのですが、昨日の朝は、ちょっとびっくりするくらいのことがありました。

 卒業試験ということもあり、いつもよりちょっと早めに家を出て、学院には9時ちょっとすぎに着きました。スタッフ全員で掃除をしているのは知っていましたが、なんと、学院長自ら掃除機をかけていたのです。当たり前のように。

 学院長は、成功の秘訣は思いと言葉と行動の一致にあるということを常に我々に説かれていますが、さすがとしかいいようがありません。本当に素晴らしい!私も、こういう面も含めて、大いに見習いたいと思いました。
卒業試験
 4月1日から始まったフィットバランス療術学院での授業も、いよいよ大詰めです。今日が第14回目で、実技の卒業試験。精神を集中させて、ベストを尽くしたいと思います。
健康と原因療法
 私の整体院では、①ボディケア、②ネックセラピー、③トータルセラピーという3つのメニューを用意していますが、①は対症療法であり、②は原因療法、③は両方を合せたものです。 

 対症療法と原因療法の違いは、目的が症状の緩和それ自体にあるのか、その人の持っている生命力を高めることにあるのかにあります。原因療法を受けると、生命力が高まった結果として症状がとれることがありますが、原因療法では、症状を取ることそれ自体が狙いではありません。

 症状は、一般には忌むべきものと捉えれていますが、体のシグナルという意味と治癒の過程という積極的な意味があります。言い換えれば、健康とは、症状のない状態とイコールではないのです。健康とは、生命力が流れている状態をいいます。

 では、いったん上がった生命力はどうなるのかという問題があります。確かに、原因療法であるネックセラピーを1回受けると、その人の生命力は上がります。それがそのまま維持されれば、これほどいいことはありません。

 ただ、実際には、日々の生活におけるストレス・過労、あるいは生活習慣などが原因となって、どうしても生命力が低下してしまうことがあるのです。それはどこに現れるか。頚椎の1番ないし2番の歪みとなって現れます。そこで、人によっては定期的に通っていただかなければならない人も出てくるわけです。

 もちろん、1回ですむ人もいます。例えば、急性の腰痛の人。パティシエをなさっている人が、ぎっくり腰になって、歩くことすら困難な状況にありましたが、1回でよくなったという例もあります。

 慢性の腰痛の原因としては、長年のストレス、過労、食生活、喫煙など、実にいろいろなものが考えられますが、そのどれもが生命力を低下させるものです。その低下した生命力を1回の施術で完全に高めることは困難な場合があります。そこで、長い時間をかけて悪くなったもの(肉体的なものに限らず、精神的なものも含まれます)を治癒するだけの生命力に高めるためには相当の日時を要する場合もでてくるのです。

 このように、原因療法であるネックセラピーは、症状の緩和それ自体を目的とするものではなく、生命力そのものを高めることを目的としており、生命力が高まった結果、自然治癒力が発揮されて、自分で自分の病気を治し、不調を改善するということが起こりえます。そうなれば、もやはここに通う必要はありません。ただ、今の厳しい社会で、高い生命力を維持するのはなかなか困難です。ですので、よくなっても、間隔をあけて、例えば1ヶ月に1度でもいいですから来てくださいねとお願いするのですが、症状が出なくなった人はほとんど来なくなってしまうのが現実です。でも、症状が出ないこと=健康ではないので、本当は来ていただきたいのです。でも、これはなかなか難しいですね。

感情の勝利!
 先ほど、NHKの「スポーツ大陸」という番組を観ました。400メートルハードルの為末大選手を扱ったものでした。

 コーチをつけないで競技生活を送っている選手であることは知っていましたが、詳しいことはあまり知りませんでした。また、先月末に行われた日本選手権の結果も。大方の予想を裏切って、彼は勝ち、北京オリンピックの内定を得ました。

 選手でもあり、コーチでもある。すべてを自ら考えて実行し、その結果について全責任を負う。アスリートとして、これ以上厳しい状況はないと思います。究極の自己管理と自己責任。

 超理論家として知られる彼が、日本選手権で勝った直後のインタヴューで言った言葉が「感情の勝利」というものでした。考えに考えた末に感情の勝利というものがある。

 この番組を観て、為末大選手のことを深く知りたくなりました。
復活♪
 いろいろなことが重なって、この2週間ほどの間、首・肩の凝り、特に頭痛がひどかったのですが、7月3日くらいから、ようやく普通の状態に戻ったみたいです。ありがたい限りです。

 これからは、以前と同じようにすべてのことに対して精力的に取り組んでいきたいと思います。さしあたり、明日は、久しぶりの「歩こう会」の後、午前中から夕方まで、ボランティアでマッサージをやってきます。7時間くらいやる予定ですので、40人が目標です。楽しみたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。